内服療法

乾癬の治療に使われる内服薬にはどういうものがあるのでしょうか?
乾癬とは赤く盛り上がりを見せる皮膚の病気で、銀白色のフケのような垢が付着しています。
境界もはっきりしています。
数や大きさ、形や発生場所は様々です。

乾癬は皮膚科で治療することになります。
使用される内服薬は、主にエトレチナート、シクロスポリン、メトトレキサートなどがあります。

・エトレチナート
ビタミンAと似た構造をもつレチノイドのひとつです。
角化症の治療薬です。
乾癬治療では、主によく使用される薬で、特効性があります。
チガソンという商品名で知られています。

・シクロスポリン(サンディミュンカプセル)
免疫抑制剤です。
もともとは臓器移植の際に使用される薬として開発されたものです。
ヘルパーT細胞や、マクロファージの働きを抑制します。
中等度以上の乾癬に使用されることが多いです。
最近では、ネオーラルという免疫抑制剤が開発され、そちらが使用されることもあります。
シクロスポリンに比べると、内服量は少なく、吸収もよいとのことです。
服用を始めて1ヶ月もすると顕著に効果が見られるようです。

・メトトレキセート
抗ガン剤です。
免疫を抑制する作用があります。
主に白血病に使用されます。
細胞の核酸の合成を阻害する作用があります。
乾癬にも効果が高いです。

他にも、抗生物質、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン製剤などが症状に合わせて処方されます。

12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
12 33 44 44 44
sdfffsfsdfsdf
sdfsdf
sfssdfs