将来的には在宅紫外線治療法がより一般的になります

海外では,在宅光線療法でナローバンド UVB 療法を行うことは,臨床試験や実績で治療効果,安全性については問題ないとされ,外来での照射と較べて,医療経済上のメリットや患者の QOL(quality of life)から考えると,有利な点が多い。

通常、乾癬の治療において、ナローバンドUVB照射治療は非常に有効であることが知られています。現在、この治療は病院で行われており、患者さんは定期的に病院に通う必要があります。しかし、小型のナローバンドUVB治療器を自宅に購入することで、在宅で簡単に治療を受けることができるようになりました。この在宅紫外線治療法は、新しい治療法として注目を集めています。

在宅紫外線治療法のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  1. 自宅で治療が受けられるため、病院に通う手間や費用が削減できます。
  2. 治療時間や頻度を自分で調整できるため、自分の生活スタイルに合わせた治療が可能です。
  3. 長期的に治療が必要な場合でも、在宅で治療を受けられるため、治療継続が容易になります。
  4. 治療器を家庭に備えることで、将来的な治療費用が削減できる可能性があります。

一方、在宅紫外線治療法のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  1. 治療器の購入費用が高額であるため、初期費用がかかります。
  2. 自己判断で治療を行うため、治療の効果や副作用を正しく理解し、注意する必要があります。
  3. 一人で治療を行うため、治療中のトラブルや問題が発生した場合、すぐに対処できない可能性があります。
  4. 治療器のメンテナンスや交換が必要になる場合があります。

将来的には、在宅紫外線治療法がより一般的になり、より手軽に、より安全に治療が受けられるようになる可能性があります。また、治療器の技術が進化し、さらに効果的で安全な治療器が開発される可能性もあります。